どなんとぅ の みなが  とは‥

どなんとぅ の みなが  とは‥

どなんとぅの庭のことです。

市井の一市民であるどなんとぅが

自らの意思を政治に反映させる

ちっぽけな実践の積み重ねが

やがて集まって大きなうねりと化してゆく

そんな思いを託して

いくつかの提案をさせていただこうと考えてます。

あなたのできることが

ここにあるかもしれない。

"庭"の中にはさまざまな仕掛けがあります。

どうぞゆったりとお過ごしくださいませ。

 

普天間~沖縄基地問題解決のために

クーデター政権による沖縄切捨て~”日本売ります”許すべからず!

沖縄選出議員へのメッセージ.doc
Microsoft Word 28.0 KB

【緊急】どなんとぅはクーデター政権を認めない

【緊急】民主に立ち直りを期待することは不可能。
仮令小沢がそう宣言したとしても。
覚醒セルわれら民衆レベルでただちに民主に対し絶縁宣言を発すべし。
昨 3.3以降常に重要なポイントで
必要な決断を先延ばしにしてきた結果が現状であることに思いを致すべし。

どなんとぅはクーデター政権を認めない


今勝ち誇っている者たちすべては「敵」であると心得るべし。
以降彼らに憐みを乞うか、
さもなくば昨8.30で示された
われらの正当な勝利の果実を全力でもぎ取るか。


小沢支持議員から
今後歯毀れが起きるだろうが、
所詮彼らは革命の担い手足り得なかったというだけのこと。
この国の行く末を憂う100名の国会議員、
そして彼らを断固押し立ててゆく数百万の民衆の力こそが
唯一この国を建て直す蜘蛛の糸であろう。

命つなぎの時間BBSに新スレッド「小沢とともにあった者たち」http://9300.teacup.com/donannto/bbs/t9/l50 「革命を押し止めて来た者たち」http://9300.teacup.com/donannto/bbs/t10/l50 「今」の記録を!


「小沢とともにあった者たち」http://9300.teacup.com/donannto/bbs/t9/l50
あれだけの強圧の中を、
断固とした小沢支持を明言し、
ぶれずにここまで来た者たち。
「仕事が出来る」存在であることを示したといえましょう。
その事実を記録してください。

「革命を押し止めて来た者たち」http://9300.teacup.com/donannto/bbs/t10/l50
日に日に空疎さをまし、
権謀術数のみで偽りの「支持」を標榜してきたクーデター政権。
目覚めた民衆に対し
余りにも軽い言動を記録しておきましょう。
”偽装”が始まらぬうちに

クーデターの原点はここにある

続きは「裁かれざる事件簿」でご覧ください。

陸山会にこめられた小沢の思い~

陸山会にこめられた小沢の思い~.doc
Microsoft Word 399.5 KB

小沢一郎は何をめざす

小沢一郎は何をめざす?.doc
Microsoft Word 395.5 KB

小沢一郎は怖い人

WORD版
小沢一郎は怖い人.doc
Microsoft Word 240.0 KB

早すぎるかな?~勝利宣言


 

どなんとぅは「勝負あった」と見ます。


今後クーデターに組し、民意を蔑ろにしてきた連中は、
どんどん墓穴を掘るしかないでしょう。
自滅への途まっしぐらです。


たった一つの懸念が自爆テロ。
ゆめ、警戒怠るなかれ。

 

Twitterでのつぶやきです。

 

菅~仙石クーデター政権の唯一の功績は、
石井紘基の存在に再びスポットを当てたこと。
もちろん意に反してではあろうが。


小沢政権が特会に切り込む方向性を明確に打ち出し、
対して既得権側からの猛烈な小沢阻止の攻撃が続いている。
暢気に構えている議員諸氏は、
すでに静かなる内戦状態であることを認識すべし。
選ばれて在る現在の立場に忠実であるのか、
それとも選んだ者たちを裏切ってでも現在の特権を維持したいのか。


議員諸氏が小沢~菅のいずれかを選ぶ、
実はあなた方自身が
主権者国民から選別される正念場にあるのだと、自戒すべし。
代表選がいずれの結果に落ち着こうと、
無自覚なままであった議員諸氏に明日はないと知るべし。


決意の元に立ち上がった小沢は、
その遺伝子を多くの議員、
無数の民衆に植え付けることに成功した。
本日の築地のレポートでどなたかがフランス革命のようだと表現したが、
菅~仙石~枝野というそこに身を置いたかも知れない者ではなく
最も縁遠い存在だったはずの小沢が市民革命の象徴となっている。


すでに小沢一人をつぶせば何とかなるという状況ではなくなっている。
そのことにあせり、
次々とちぐはぐな対応に終始し、
さらに自己崩壊への道を進む。
勝負あったというべきで、
敗北を認めて無血開城するか、
歴史に汚名を残すも厭わず、見苦しい抵抗を続けるか。


われら名も無く力も無い
されど主権者としての誇りを持つものとしては、
「こいつだけは許せない!」リストを早急にまとめるべし。
心卑しき者たち、
政治家マスコミどもは
勝敗の帰趨が見えると何の呵責も感じずに勝者の側に身を寄せる。
「政変」レベルならそれもありだが
「革命」においては断じて許すべからず。

我が闘いの原点は…